home

ビジネスフォン購入

電話回線の豆知識

電話加入権について

インカムについて

 

 

電話回線の豆知識

最近は電話回線にもは、様々な種類があることをご存じでしょうか?良く耳にするひかり電話回線、IP電話回線、Bフレッツなどなど。このページではそんな電話回線の違いについてご紹介したいと思います。どの電話回線にしようか検討中の方も是非参考にしてみて下さい。

ひかり電話回線の特徴

ひかり電話回線の特徴は、加入電話へ全国一律8円/3分という比較的安い通話料金設定になっていると言うことです。ひかり電話回線は、IP電話ですからインターネット関連の環境設定を光ファイバー又はNTTBフレッツに変更することが前提になります。つまり、通話料以外のもインターネット料金も加算されると言うことになります。 インターネットを頻繁に使用している方にはお勧めの回線と言えるでしょう。

 

IP電話の特徴

まず、IP電話は専用のIP網というネットワークを使用して音声による電話サービスを行っています。そして途中のネットワークは通信事業者のネットワークか、インターネットを経由しているのか、電話機を使用していくのか、パソコンを使用するのか二よっても様々な形態や特徴があります。

IP電話は、普通の電話回線とは違って通話する距離に関わらず海外、日本を問わずに低価格で通話することが一番のメリットと言えるでしょう。また、同じIP電話回線同士での通話も無料になる場合がほとんどです。

ただ、気を付けたい点は、パケットを別々に運ぶために通話の品質が低下したり通話が殺到した場合などにトラブルが起こりやすいという欠点もあるようです。

 

Bフレッツの特徴

Bフレッツとは、NTT東日本/NTT西日本が提供している光ファイバーにおける超高速インターネットサービス。インターネットを使用する会社や、一般のご家庭、マンションなどにこのBフレッツを直結することによって快速かつ快適にインターネットを観覧することが可能になるのです。

ですから、仕事の効率がアップしたり、各ホームページのページを切り替えたりする場合の待ち時間によるストレスも解消されるというわけです。また、使用料金も定額料金ですからどんなに使用しても金額は同じです。

また、電話回線とは別回線になっていますから自宅で通話中の場合でも気にせずインターネットを使用する事が出来ます。

 

ダイヤルインの特徴

まず、ダイヤルインという回線を分かりやすく解説すると、複数の電話機を1つの電話番号で設置した場合、その番号に着信があると全部の電話機が鳴ります。そのあと、どちらかの電話機に転送をする形になります。

しかし、ダイヤルインの場合なら、複数の電話機それぞれにかけることが出来ると言うことです。ですから、他の電話機の着信音あをならさずに済むことになります。


注目サイト

最終更新日:2017/1/27

Copyright:(c)2014 phonet. All rights reserved.