home

ビジネスフォン購入

電話回線の豆知識

電話加入権について

インカムについて

 

 

電話加入権について

電話加入権とは?

一家に一台電話機がある時代。皆さんの家にも電話機が当たり前のようにあります。その電話機も電話加入権を取得して使用していることはご存じでしょうか。この電話加入権を得てはじめて電話番号というものがもらえるのです。会社設立の際にも当然この電話加入権が必要となります。この電話加入権はNTTでアナログ電話回線又は、デジタル電話回線を、電話機等を自宅や会社などの場所で使用する事ができるという権利のことを言います。加入するための金額は約4万円近くになります。そして、自分が持っているこの電話加入権を第三者の方に譲ることも認められています。

 

低下する電話加入権

少し前までは75,600円という金額で販売されていた電話加入権。しかし最近はその半分の37,800円に値下げされました。その理由のひとつとして加入権の一般譲渡があげられています。もちろん一度使用していた加入権ですから中古扱いになり値段も安くなります。最近は資産価値も低下している電話加入権。近い将来、電話加入権0円という話も出ているほどです。最近は携帯電話の普及により一般家庭に固定電話がないという家も珍しくありません。特に、若い世代の家庭では固定電話より、携帯電話を多く使用している傾向にあります。また固定電話からの携帯への電話と携帯電話同士の電話を比較しても分かるように携帯電話の方が料金も安くなります。

 

固定電話の価値

最近は、一人一台携帯電話を持っているのが当たり前の時代になってきました。そのため家に固定電話があってもあまり使用しなくなってきました。現在の固定電話の主な用途はFAXだけというご家庭も少なくありません。また、新しく場所で生活をする際、電話加入権も当たり前のように買っていたのですが、最近はそれも少なくなってきています。学校や地域の連絡手段も自宅へではなくすぐにそして確実につながる携帯電話の有利と言えるのでしょう。年々低下する電話加入権。近い将来固定電話という物自体が存在していないような気にもなります。

 

電話加入権の購入方法

電話加入権を購入する方法は1つだけではありません。電話加入権を購入する一番一般的な方法は、NTTの電話回線です。加入する人の名義、電話番号の発行、工事日の調整・手配などをNTTですべて責任を持って行ってくれますから安心出来ますが、やはり料金は高くなります。そして、休止番号の電話加入権というものもあります。休止番号とは購入時にまだ未使用の加入権のことでこの未使用の加入権を自分の名義で登録することで自分の電話番号を取得することが出来ます。通常よりも金額は安くなりますが、自分で電話開通の書類手続きなどを行わなくてはなりません。そして、今一番多く目にするのが、電話加入権+インターネット関連の接続サービスプランです。セットになって売られているものは、かなり安い金額で電話加入権を購入することが出来ますし、ブロバイダ契約なども手間も省けますので便利でしょう。

 

電話加入権がいらない?

最近は、電話加入権が不要な電話回線というものも存在します。例えばISDNライト回線ですと、TAなどの1万円以下の必要な機材を一度揃えれば、ISDNの電話回線が電話加入権不要で使用することが可能になります。また、ISDNの特徴として1つの回線で2つの回線を使用する事が出来るのも魅力的でしょう。


Valuable information

卒園記念品
http://www.710kasa.jp/
少人数 結婚式 名古屋
http://www.dubonnet.jp/

2016/6/29 更新

Copyright:(c)2014 phonet. All rights reserved.